夏の電車の中のにおいはきつい

夏の電車の中のにおいはきつい

夏の電車の中のにおいはきつい

34歳 女性 静岡県出身 T.Nさん

 

夏の電車の中のにおいはきつい

 

真夏の電車の中は地獄でした。飲み会の帰りで、終電間際だったとき、込んでいる電車の中で、隣に立っているサラリーマンが、おそらくワキガでした。

 

スーツを着ているのに、つり革を持って手を上げているからか。直接私のほうに流れてくる強烈なにおいが本当に鼻の奥の奥まで突き刺さるようにひどくて、気分が悪くなっていました。都会の電車の窓は、開けることができなく、換気ができないので、その車両がまるまるそのにおいで埋め尽くされていました。

 

また、近くに座っていた女の人は、香水がきつくて、そのにおいとミックスされたそのわきがのにおいが、本当に耐えがたい気持ち悪さを増していました。しかし、わきがの男性本人はまったくにおいに気が付かないようで、太っていて暑いらしく、ハンカチで顔付近をパタパタと仰いでいました。

 

その効果か、まわりに余計ににおいが充満し、あきらかにその車両の人たちがいやそうな顔をしていました。電車の揺れも手伝って、酔っていた私は限界に体調が悪くなってしまいました。下車する駅までまだ3駅ほどあったのですが、我慢できなくなってしまい、途中で下車し、トイレに駆け込みました。まだにおいが鼻に残っているようで、そのまま嘔吐してしまいました。

 

清潔にしていても、わきがにはなってしまったりするらしいので、かわいそうですが、自分でこんなにも気づかないものかと、とても不思議に思いました。かわいそうですが、本当に歩く公害だと思いました。

 


ホーム RSS購読 サイトマップ